Q&A

無料で遊べますか?

はい。遊べます。PS Plus会員である必要もありません。

どのキャラクターを使ったらいいですか?

基本的には試合中にスタミナが減っていくので途中交代が必要です。つまり、できれば最低2キャラクターを育てる必要があります。別ポジションのキャラクターを育てるほうが幅が広く、あまり課金しないのであれば効率的です。それなりに課金する場合はFSアルバムがポジションごとにキャラクター専用の訓練券が入手できるので同ポジションを育てるほうがよいかもしれませんが、イベントによってはキャラクター専用訓練券自体を販売していたりするのであまり意味がないかもしれません。スカウトで入手できるキャラクターが強いわけでは決して無いので、好きなキャラクターを育てるのが良いと思います。

課金は必要ですか?

基本的には必要ありません。が、見た目(衣装)を変更したい場合は必要です。見た目のみの変更なので能力は変わりません。キャラクターのレベルアップについては時間をかければ課金しなくてもだいたい同じです。そもそも、特別なイベントや特別な課金アイテム、またはユーザーレベルが10上がるごとに入手できる「超越教本」は最高ランクの★★★★★にするために3冊必須です。ユーザーレベルを30にするには課金していても、かなりのプレイ時間を要しますので、課金したからと言ってすぐにキャラクターが★5のLv10のMAXになるわけではありません。一部、課金のみでしか入手できないアイテムやキャラクターが存在はしていますが、特別強力なわけではありません。

自分のレベルなどは相手にわかりますか?

同じチームを組んでいる人(招待した人)には「ユーザーレベル」と「表示しているキャラクターのランクとレベル」がわかりますが、ランダムで組んだ味方や敵にはわかりません。

無課金の場合はどうすれば効率がいいですか?

まずは、PlayStation®Plus加入者向けの毎月無料で提供される限定配信コンテンツの「3on3 FreeStyle - PS Plus ボーナスパック」を入手しましょう。
あとは、イベントに合わせてプレイしましょう。コインを効率よく溜めることができると思います。
また、エピソードを達成する(特定のキャラクターの組み合わせでランクを上げる)と課金用のポイントを少し入手できますが、少しなのであまり実用的ではありません。

課金用のポイントが端数足りなくてショップで購入できません

エピソードを達成する(特定のキャラクターの組み合わせでランクを上げる)と課金用のポイントを少し入手できるので、うまくいけば調整できると思います。

効率のいい課金方法がありますか?

課金で購入できるポイントには50ポイントから550ポイントまでの商品があります。より多いポイント分を購入する方が1ポイントあたりの金額が下がるので効率的です。また、ゲーム内から購入するのではなく、プレイステーションストアから購入することによってクーポンコードを利用して安く(10%オフの場合が多い)購入することができます。クーポンコードは特定期間内にプレステーションストアから購入をした人や、イベントによって稀に配布されることがあります。

バスケットのルールがわかりません

まず、最初に「初心者‐ガイドビデオ」を確認しましょう。

とりあえずは、正面の敵のゴール側にずっとくっついて(マークをする)いればいいです。 ボールがコートの外に出てスローインやトラベリングなどのルールはゲーム上なくなっていたりオートになっていて、とても簡単になっています。プレイしていれば適当に覚えられると思いますが、詳細は「バスケット ルール」などで検索することをお勧めします。

シュートが入りません

テクニックのページに入りやすくする方法が記載されています。

スタミナが減っても使い続けていいですか?

あまり良くありません。スタミナが減るとダッシュ距離が明らかに短くなります。また、攻撃・防御あらゆる面で成功確立が下がっていきますので特別な理由がなければ交代しましょう。

スリーポイントシュートが入りません

特定のキャラクターでないと3点シュートを入れるのはほぼ無理です。ステータスで「3点ショート」が一定以上ないとノーマーク状態でさえ入りません。実用さを考えるとステータス160以上は欲しいです。初期ステータスで160超えているのは「シンディー、キム、カロリーナ、フレッド」です。

開幕のジャンプボールやリバウンドが取れません

ボタンを押すタイミング、立ち位置、身長、ステータスのリバウンド、スキルのパワーリバウンドは大きく影響を与えます。特にパワーリバウンドを持っていないキャラが持っているキャラに対して成功させるのは困難でしょう。リバウンド能力が高くセンターが敵にいるとより強くなるルーサー、そのルーサーの対抗馬マードック、固有スキルでリバウンドを奪われるとリバウンド能力値が上がるルルは比較的リバウンドが取りやすいキャラクターになります。

どうすればボールを奪えますか

守備時「×ボタン」のスティールが成功すれば奪えますが、ステータスのスティールが高くないとそもそも成功しにくいです。スティールには完璧スティール=ボールを奪取するものが別途用意されています。ステータスが高くないとスティールが成功しても相手がボールを落とすだけで、そのボールを回収するのが困難だったりします。スティール能力に長けているペドロの場合はスキル:シャドースティールなどがあるので奪いやすいですが、そうでない場合はスティールの動作自体が隙が大きく不利になりやすいので多用は禁物です。自分が担当している敵のマーク中に間接的に他の敵にも接した時などは、その敵は2人がマークしているはずなので咄嗟にスティールを行うと取りやすかったりもします。

チームの3人が同じポジションでも勝てますか?

相手の構成やレベルによっては勝てます。ゴールに近い距離からのシュートを得意とするキャラクターのみの構成(センター(C)やパワーフォワード(PF)オンリー)だと相手のバランスが良いとかなり難しいと思います。バランスを考えるとゴール付近用にセンター(C)とパワーフォワード(PF)を1名。他2名を別ポジションというのが良いと思います。スモールフォワード(SF)、ポイントガード(PG)、シューティングガード(SG)が2〜3名づついるなどはそれほど問題ではないと思います。スタミナが残っていて、レベルが高いキャラクターを使用したり、固有スキルを発動することができる組み合わせを優先した方がレベルの低いバランス型より勝てる場合が普通にあります。

タイムアウトはいつ使ったらいいですか?

基本的には4〜6点差ついたら使ってもよいタイミングだと思います。構成を変更してひっくり返すことができるかもしれません。10点差がついてしまったら、そこで降参してしまうことも多いからです。他には、負けていてスタミナが減ってきた味方がいる場合に使いましょう。勝っている時に使っても、相手も交代が出来てしまうので逆に不利になることもあります。

妙に強い人いませんか?

当ゲームは海外版が先に配信を開始しているため、そこからプレイしている人は相当レベルが高い場合があります。あとは、その試合の運がよかったんです。

Freestyle2という似たゲームがありますね

同じ開発社が「Freestyle2: Street Basketball」をSteamなどで配信してます。同じバスケットですが見た目などは全くことなるテイストです。

このページへのコメント


>>Freestyle2という似たゲームがありますね

>>同じ開発社が「Freestyle2: Street Basketball」をSteamなどで配信してます。同じバスケットですが見た目などは全くことなるテイストです。


とのことですが、ベースとなっているシステムはほぼ同じです。たしかに見た感じは違いますがカメラが引いてるだけで見た目もほぼ同じです。
とくにインターセプトやクイックシュートのタイミングの練習ができたり、リバウンド練習やブロックの練習ができたり初心者が上達するにはPC版の練習をつかった方が早いかもしれません。
リバウンド練習では遅かったや早すぎた等指摘もしてくれるのでかなり良い練習になりますのでPCがあればスペックは低いのでぜひ一度見てみることをおすすめします。

Posted by 通りすがり 2017年07月02日(日) 01:54:28

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

編集にはIDが必要です