ブロックについて

まず、ブロックする知識として覚えておくべきなのは「殆どのシュートは、目でフェイクかシュートかを判断してブロックすることが出来る」ということです。
慣れるまでは「あ、こいつシュート撃ちそうな雰囲気出しまくってるからジャンプしてブロックしよう」というようなイメージかもしれません。
しかし「フェイクの時は殆どジャンプせず、シュートの時だけ大体ジャンプしてくる」という人を見た事がありませんか?
その人たちは、決して雰囲気を掴む能力が高いわけではなく「モーションを見ているから」です。


モーションの違い

例えば、アマンダのシュートを例に出すとします。
フェイクは、体が全体的に後ろ体重で、ジャンプはしない。
シュートは、背筋がピンとしていて、ジャンプする。
というように、ほんの僅かですが差があります。
慣れるまでは「こんなん見えるわけがない」と思うかもしれませんが、いずれ慣れてくると目で判断することが出来るようになります。


相手を完封する

適当にブロックするのと、目で判断してブロックするのでは、ディフェンスの安定感が大きく変わります。
自分がシューターだった場合、相手が簡単にフェイクにひっかかると、フェイク後に自分もシュートを撃てるし、他の人がフリーになる可能性も大きく高まることでしょう。
しかし、もしも(これはほぼあり得ない仮定ですが)相手が「フェイクには絶対引っかからず、シュートは確実にブロックしてくる」としたら?
もしそのような相手なら、自分がシュートを撃つことがチームのリスクにしかなりません。
そして、もし仮に相手全員がこのようなディフェンスをしてきたとしたら、点を取ること自体がとても難しくなります。
全部ブロックするのはほぼ不可能だと思いますが、そのようなディフェンスが出来れば、勝率が大きく上がります


安心感

それと、ブロックはタイミングと距離がとても大事です。
遠すぎるとブロックは当たらないし、タイミングが遅すぎても当たりません。
なので「ブロックが上手い人」というのは、基本的なディフェンスが上手いプレイヤーがとても多いです。
ディフェンスが上手いプレイヤーは、味方の負担を大きく減らします。

ゴール下の人
味方がひっかかる「カバー行くとまたゴール下からシュート撃たれるし、次はカバー行くフリかな、あーでも遠いから3P怖い、いやでも距離的にPGさんカバー行くかなーうーん」
味方がひっかからない「あの人フェイクには殆どひっかからないからまあ大丈夫だろう、とりあえずゴール下安定させよ」

PGの人
味方がひっかかる「カバー行かなきゃ、でも僕が行ったらPGフリーになるから、あれゴール下の人カバー来るかな、スイッチすんのかな、どうしよ」
味方がひっかからない「とりあえずシューターはあの人が止めてくれるだろうから、僕のところでシュート撃たせちゃダメだな、あとルーズボールしっかりしないと」

みたいに、味方が安心してそれぞれの役割をこなすことが出来ます。
周りが「珍しい、お前がフェイクにひっかかるの久々に見たわ」「お前のところからシュート撃てるとは、相手の人上手いわ」とか言う頃にはすごい勝率になっている筈です。


モーション

沢山のモーションのシュートとフェイクを載せたいので、どんどんと更新してくださると助かります。


ミドルシュート(アマンダ)

(クリックするとGIFで開きます)

上がフェイク、下がシュート。
5フレーム目の時点でフェイクかどうかの違いが目立つ。
その他にも、初動の動きや背筋の立ち方、ひざの曲がり方など、微妙な違いが出ている。

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

編集にはIDが必要です